猫さんと絵と私と

いろんな猫さんとの出会いと別れ・・でもやっぱり猫が好き!!

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弱ってる子が来るんだね・・

11月27日もえぎの会最終日
風は強いけれどよく晴れて、締めくくりにふさわしい一日となりました。

この日も多くのブロ友さんや偶然来られたお客様が
丁寧に作品を見てくださって大変感激いたしました。

あたたかいお言葉をかけていただいて勇気づけられました。
これからの制作の励みとなることでしょう。
心よりお礼申し上げます。

今日で終わりですよ~



我が家のように通ったこの美しい洋館とも明日でお別れ
なんと贅沢な夢のような6日間だったことか・・・

洋館での最終日


翌28日は朝から搬出です。

一枚一枚絵に感謝しながら箱にしまい
無事に送り出すとがらんとした空間が

ありがとうございました

ほっとしたような、寂しいような気分を味わっていたこの時

私はまだ知りませんでした。


外猫のはるらがすでに旅立っていたことを・・・




                     はるら





最近目に見えて弱っていたはるら
お隣さんととっても心配していたのです。

もえぎの会の数日前から
物置に作ったねぐらから出てこなくなり
食欲も落ちてきました。

出て来ないはるら(11/19)




11月20日、翌日から留守にするので
少しでも寒くないように体温で温まる敷物を入れたいと思い
無理にはるらを外に出しました。

はるらを外に(11/20)



ササミのゆでたのが大好きな外猫たち
お皿に山盛りにしたら食べてくれました。

ドロちゃんと(11/20)



はるら、びっくりするくらい
いっぱいいっぱい食べたよ。

ササミをいっぱい食べたよ(11/20)


それなのに・・・




はるくの兄弟かもしれないはるら

ふたつの冬を外で過ごし
今年の春から頻繁にくるようになったはるら

何かの病に侵されて
弱った姿であらわれたはるら

控えめに、穏やかに
”ここにいてもいいですか”とでも言うように
遠慮がちにやってきたはるら・・・

せめて君の最期が安らかであったことを願います。




28日、帰りのバスの中ではるらのことを知り
帰ってすぐにお隣さんにいるはるらに会いに行きました。

はるら逝く(11/28)

毛も柔らかで長い立派な手足をした若者です。

初めて体にさわってみたら
骨が手に触れるくらい痩せていました。




立派だったね。

君たちは静かに自分の運命を受け入れて
たった一人で去っていく

でもその最期の時を思うと胸が痛みます。

ほんとうに、ひとりで偉かったね。



元気なころ野や畑を踏みしめたはるらの肉球は
こんなに可愛い2色の豆つぶでした。

2色のかわいい肉球(11/28)




今はるらはお隣さんの庭に眠っています。

はるらのお墓


もうどんなに寒い冬が来ても大丈夫です。











にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
スポンサーサイト

| ペット | 21:42 | comments:29 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT