猫さんと絵と私と

いろんな猫さんとの出会いと別れ・・でもやっぱり猫が好き!!

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夕日の沈む頃には

  ねぇ、サスケ
 もう4時を過ぎたのにとっても明るいね。

  陽光

  眩しい光!

  あの山にまだ陽は沈まない

  夕日がまぶしい・・

  一番日が短かったころ
  4時と言えば真っ暗だったのに

  5時になっても明るいよ

  春って、少しずつこっち来てるね


                           

  
  田んぼにはまだ雪が残ってるけど
  今日は暖かいのでチェリーも大喜びでお散歩です。

   雪が残る田んぼ

  庭の日当りのいいところには
  毎年一番乗りで花を咲かせるオオイヌノフグリが

   日向では・・

  サスケもうれしい陽だまりです。

   サスケもゴロゴロ





 

  相変わらず姿を見せない何者かがご飯を食べに来ていますが

        食い散らかすのは誰

  先日車の陰に隠れる者あり

   のぞいているのは・・・

  なんと! あいらちゃんでした。

   あいらちゃんでした!


  どうやら私は
  春ちゃんの(おそらく)のあいらちゃん

  春ちゃんの兄弟の(多分)
  名前は・・え~っと、はるらちゃん(今考えた)

                不敵な笑み
 
  それからハクセキレイご夫妻(いつも2羽いる)を養っているらしい。

   ご夫婦??
 
  春ちゃん一族なら大歓迎です!  (鳥さんはやや微妙・・)


                        

  
  読みかけだった 群ようこ さんの ”しいちゃん日記”

               しいちゃん日記

  最初群さんの飼い猫のしいちゃんは5歳
  お隣に住むおじさん猫のビーちゃんは13歳

  だんだんビーちゃんはかわいくボケていって・・・

  ・・・まだ読んでない方のためにここまでにしておきましょう・・・


  周りの人たちが老いていくビーちゃんを自然体でやさしく見守っていて  
  切ないけれど可笑しい、素敵なエッセイでした。
  
                                →    関連記事


  
  年老いた猫の話と言えば、これも面白かった!

       ポテトスープが大好きな猫

  厚さ(薄さ?)5ミリほどの文庫本です。

  一人のおじいさんが年とった雌猫と住んでいました。
  ある日ほんの手違いでどこかへ行ってしまった猫。

  おじいさんは寂しく何日も猫を待ちました。
  
  そしてある日猫が戻ってきて・・
  ここからが面白いのです!  

  訳者の村上春樹さんも
  この”年取った雌猫のキャラクターはとりわけ魅力的”と書いていらっしゃいます。

  絵がすばらしいのは言うまでもありません。

  
  
  夕日が沈む頃、美しく輝く

  人も猫も、ね。

              
             <ミケ子思い出のアルバム>


             2011年10月26日     瞑想中??
             2011-10-26.jpg

             2011-10-26 2
     
                  10月29日
             2011-10-29.jpg

                  10月30日     牛乳好きだったね
             2011-10-30.jpg
にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ペット | 17:30 | comments:26 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT